スタッフブログ・お知らせ

カースペース

 こんにちは、今日はとても涼しい一日になりましたね。

子どもたちの夏休みも残りわずかで、今必死に宿題を終わらせようとしています。(笑)

さて、今日はエクステリアにはかかせない「カースペース」について触れたいと思います。

1.勾配について

例として奥行き5000mmのカースペースですが、カースペースの後方から前方に掛けて、2~3%の水勾配を設けます。

(車庫の奥行寸法×3%=上がり〔勾配差〕)です。なので上記例の場合・・・5000×0.03=+150 という水勾配となります。

2. 車庫のサイズについて

●基本寸法(直角駐車)

・車の長さから前後に2箇所で300~500mmのスペースを設けます。

・車の幅から(向かって)左が700mm~1000mmのスペースを設け、右側は300mmスペースをとります。そして車幅を含めた全体のカースペースの幅が3000mm以上です。

他に、アプローチと共有する場合、道路幅が狭い場合、縦列駐車などもありますので次回触れたいと思います。

 

 さてさて、余談ですが、お盆明けの土日に友達の家族と長野の高原のキャンプ場に行きました。真夏なのに夜は寒いくらいでした。そのキャンプ場は山田牧場キャンプ場と言ってたぬきに会えるキャンプ場なんです(笑)しかしながら、今回はキャンプ場にはたぬきが来てくれませんでした。地元キャンパーによるとちょっと先で熊が出没しているからだそうです(*’▽’)心配そうにしていると、「熊には縄張りがあってこのキャンプ場には来ないから大丈夫。たぬきは来ないけどね。はっはっはっは~」と言われました。たぬきにも熊にも遭遇せずに無事に帰ってこれてよかったです(笑)

写真は雷滝とキャンプの様子です。滝の裏側を通っていってみるのですが大迫力なのですよ。

キャンプでは、お友達がダッチオーブンでチキンの料理してくれました。美味しかった豚汁は私が作ったのですが

お友達の子どもが「こんなおいしいの豚汁は初めて食べた!」と言ってくれて高原でみんなで食べる料理はどれもこれも最高ですね(^^)/

長野には自然がいっぱいです。マイナスイオンで疲れもすっきりといった感じです(^^)/

スイカ割もみんな大喜びでした(^^)/

ダッチオーブン

飯ごう炊爨

自作の高原豚汁(笑)作ってる途中です。

お付き合いいただきありがとうございました<m(__)m>

残り少ない夏を・・・皆様も楽しんでくださいね(^^)/では