スタッフブログ・お知らせ

ブロック塀の補強工事を川越市で施工しました。

ブロック塀の補強工事を川越市で施工しました。

ブロック塀フェンス補強施工後

 

〇本日は、以前、目隠しフェンスの設置工事をご紹介した現場で、その向かい側のメッシュフェンスの下をブロック塀で補強する工事もしましたので、そちらもご紹介します。

 

 

 

1.ブロック塀を設置する前の様子です。

 

下の写真の黒のメッシュフェンスの手前のシャベルの置いてある溝の部分に、ブロック塀を設置していきます。

 

ブロック塀フェンス補強工事施工前

 

 

 

2.完成です。

 

ブロック塀を設置したことで見た目もすっきりきれいに見えます。そして、メッシュフェンスの土台の土が崩れるのを防ぐこともできます。
ちなみに向かい側の目隠しフェンスは、先日ブログにて紹介した目隠しフェンスの施工現場です。

 

ブロック塀フェンス補強施工後

 

以上現場からでした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【安全なブロック塀について】

 

ブロック塀は境界線として設置したり、防犯や防火についても役に立っています。

大きな地震などが起きると、「安全なブロック塀」でないと崩壊したりして大変危険です。

 

「安全なブロック塀」とは地震や台風などの災害が起きても倒れない丈夫な塀の事です。

 

建築基準法にもブロック塀の設計の最低条件が定めらています。


さらに日本建築学会でも、ブロック塀の安全性の確保を考慮した

 

・コンクリートブロック塀設計規準

・ブロック塀施工マニュアル

などで細かく規定されています。

 

〇ブロック塀の高さは地盤面より最大2.2mと建築基準法施工令で決められています。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

【安全なブロック塀をつくる基本】

 

1.鉄筋コンクリート造の基礎を設ける

これは土の中でブロック塀を支える土台でその鉄筋コンクリートの形は逆TやL形の形状にすると転倒に強い基礎になります。

 

2.基礎は、地中深く根入れをする

1.で書いた基礎の部分ですが、日本建築学会規準根入れの深さは35cm以上とし、ただし、塀の高さが1.2m以上になるときは高さに応じて深くし、基礎が地表面より必ず5cm以上立ち上げるようにします。

 

〇地盤にあった基礎の形や根入れの深さにすることが大切です。軟弱地盤のところは、大きくしっかりとした基礎をつくるようにしなければなりません。

 

3.縦および横方向の鉄筋は、間隔80cm以下(ブロック2個ごと)で配筋し、頂部には横筋を配置する。

日本建築学会規準では、建築基準法の9mm以上よりも太い、直径10mmの節のついた異形鉄筋の使用を定めています。鉄筋もブロック塀の仕様によって、配置(間隔)にも細かく決まりがあります

 

4.ブロックは、JIS品またはJIS品と同等以上の品質で正しい厚さのものを使う。

ブロックは塀の高さにより12cm、15cmの厚さ以上と規定されています。

 

5.控壁は3.4mごとに設ける。

控壁とはブロック塀を後ろから支えている補助的なブロックです。
控え壁は塀と同じブロック(空洞を全充填)などでつくり、必ず塀の鉄筋とつなぎます。

 

 

以上の5つのポイントを施工業者に確認しながら工事を進めてもらうと良いです。

 

 

【ブロック塀のメンテナンス】

 

コンクリートブロック塀は耐久性に富んだ建材と言われ、耐用年数は約30年と言われています。

しかし丈夫で安全なブロック塀でも経年による劣化が進みます。

ブロック塀は外にある物なので、雨、強風、雪にさらされています。
降雨・降雪等の気象条件でブロックのなかに水が入ることがあり、この水はブロック表面を白く変色させたり(白華現象)、ブロックのなかで凍ったり、汚れがついたり、さらには鉄筋にさびなどがでて、これによりブロックにひび割れがでるなど、コンクリートブロックの外観や耐久性を損なわせるもとになります。

そういった劣化を防ぐために、コンクリートブロック内部へ水を浸透させないよう防水対策やメンテナンスが必要です。

定期的に施工をした業者点検をお願いすることが良いです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

埼玉県川越市の評判の良いブロック塀の設置・補修・リフォーム施工工事業者をお探しでしたら、外構エクステリア専門店のネクストワンへ!

安全で丈夫ななブロック塀を設置したいですね。



ネクストワンは、個人エクステリア専門店なので、丁寧・親身・迅速なお見積もりと、外構・エクステリアの施工・工事ができます。


また、外構・エクステリア専門店だからこそ、デザイン・費用・その他のこと・・・相談にお応えできます。


そしてアフターケア・フォローも万全です。




お庭に関する事なら川越市の外構・エクステリア工事業者
ネクストワンへご相談ください!




宅建士・行政書士有資格者(女性)が事務所に常駐。

安心・安全・信頼のおける外構・エクステリア工事をご希望のお客様は、ぜひ弊社にご依頼ください。


ブロック塀の設置・ブロック塀フェンスの設置・補修・リフォーム、お庭のエクステリア・外構工事をはじめ、お庭のデザインの相談、土間コンクリートの工事、砂利敷、人工芝、整地、テラス工事、目隠しのフェンス工事、門扉、門柱、門柱・門袖の設置やサンルームの増設、カーポート設置、アスファルト工事、エクステリア・外構全般の補修など



川越市でのお庭づくり・庭工事などの外構工事・エクステリア工事全般、(その他、庭先の事など)


また、なるべく費用を安く節約したいというお客様の費用の
ご相談も承っています。


川越市・所沢市・鶴ヶ島市・坂戸市・日高市・飯能市・秩父市・東松山市・小川町・寄居町・上尾市・桶川市・熊谷・ふじみ野市・富士見市・三芳町の外構・エクステリア庭のリフォームのご相談なら



川越市上戸のネクストワンへお電話ください。

 

最短で即日の現場お見積も可能です!!



お庭の事なら川越市の外構業者のネクスト・ワンへ



TEL 049-298-6180


FAX 049298-6181



E-mail nextone_exterior@yahoo.co.jp

 



お見積もりは無料となっています。お気軽にお問い合わせください

#ブリック塀フェンス工事 #ブロック塀 #埼玉県のエクステリア #川越のエクステリア #フェンス補修 #フェンス設置 #フェンスリフォーム #エクステリア #外構 #埼玉県の外構工事 #川越の外構工事 #エクステリア見積もり #外構見積もり #エクステリア見積もり無料 #外構見積もり無料 #川越 #川越のネクストワン #ネクストワンエクステリア #庭 #庭のリフォーム #お庭のこと #埼玉ブロック塀工事