スタッフブログ・お知らせ

川越市の目隠しフェンスはネクストワンエクステリアへ

川越市の目隠しフェンスはネクストワンエクステリアへ

目隠しフェンス

本日は、目隠しフェンスの選び方について順番に説明いたします。



■設置する場所を決める



外部からの視線をどの範囲で防ぐ必要があるかを決めましょう。この範囲を決めることで目隠しの位置と仕様が決まります。視線を隠したい場所は必要最小限なのか、全体が隠れるようにしたいか・・・で決めます。



・室内に近い場所に目隠しを部分的に設置すると、小さな目隠しで広範囲の視線を防ぐことが出来ます。しかし、庭を分断し庭の様子も見えず、狭く感じ、フェンスも簡易的なものになりがちです。



・庭を取り囲むような場合、視線を防ぐためには広範囲の目隠しフェンスが必要になります。費用は掛かりますが、広い空間がそのまま使えます。



また、隠したい場所に既にブロックがある場合、ブロックの上に立てることもできます。ただし、ブロックの上に立てることができるフェンスの高さは1.2mまでです。
それ以上の高さが必要な場合は、地面から立てることになります。


■高さを決める


どの範囲で、どこから、何を隠したいのかによって、フェンスの高さを決めます。リビングにいるときに、お隣りの窓が隠れるようにしたいとか、道路の通行人からの視線を隠したいなどです。

下記の項目できめていくとよいです。



・誰が・・・・男性・女性・子ども など



・どこの場所で・・・リビング・テラス・庭など



・どんな状態での・・・立っている・椅子に座っている・床に座っている  など       

  

・どこからの・・・隣地から・道路から・隣地のへやからなど



高さを決めるときは目線を隠したい相手からの位置が深くかかわってきます。



■素材を決める



デザイン性と用途に応じて適切な素材を決定していきましょう。素材にはそれぞれ特徴がありますので紹介いします。



・アルミ製(スクリーン)・・・耐久性が良い

・樹脂製・・・本物の木素材に見えます。

・天然木・・・高級感があります。

・植栽・・・低コストで、自然派向き

・ガラス(マット調)・・・クールでモダン



その他にもありますが、目隠しフェンスのそざいについては後日くわしくお伝えしたいと思います。




■板間隔をきめる


板間隔とはフェンスの隙間の事です。すきまがあるもの、ないものや、また調整できるものがあります。
すきまのないものは、視線を隠しますが、光や風まで遮ってしまいます。適度なすきまを持たせたほうがいいのですが、視線が隠れなかったら、意味がありません。



■色を決める



・アルミ製のフェンス・・・黒・白・グレー・茶・が多いです。



・樹脂製のフェンス・・・本物の木に似せた木目調のものが多く、明るいブラウンから濃いブウランまでいろいろあります。カントリー風にカラーの色もあります。



どの素材にしろ、建物の雰囲気や周りの景観に合わせた色を選びましょう。

 

#埼玉 #川越 #saitama #kawagoe #目隠しフェンス工事 #フェンス工事 #目隠しフェンス #埼玉県のエクステリア #川越のエクステリア #目隠しフェンス補修 #フェンス補修 #目隠しフェンス設置 #フェンス設置 #フェンスリフォーム #エクステリア #外構 #埼玉県の外構工事 #川越の外構工事 #エクステリア見積もり #外構見積もり #エクステリア見積もり無料 #外構見積もり無料 #川越市 #川越のネクストワン #ネクストワンエクステリア #庭 #庭のリフォーム #お庭のこと #埼玉県フェンス工事